最近の傾向。

長年連れ添ってきた夫婦だけではなく、赤ちゃんを授かったことで籍を入れたけど、結婚してみたらやっぱり性格が合わないとか、上手くいかなかった等で離縁してしまうケースは少なくありません。1年間でなんと25万組以上の夫婦が別々の道を生きていくことを選んでいます。実際の数字としては婚姻届を提出した人のうち、なんと3人から4人に1人という非常に多くの人々が別れる決断をしています。

その中でも25歳未満で子どもを授かったことで籍を入れた人々の離縁は、授からずに籍を入れた場合の2倍あると言われており、若くして子どもがいる状態で結婚すると経済的理由や自分自身がまだまだ遊びたい等の理由で上手くいかないケースが目立ちます。たまにニュースで育児放棄されたことや虐待されたことが取り上げられていますが、放送されていないだけで本当はもっと多くの事例が存在しています。

破婚する時には離婚協議書を一緒に作成しておきましょう。これには養育費や慰謝料等の金銭的な内容を中心に記載することになるでしょう。離婚協議書って初めて聞いた方もいると思いますが、後々揉めないように作るものです。離婚協議書については自分で作成することも可能なので、お金に余裕がなければ自分で作っても大丈夫ですが、専門家に離婚協議書と公正証書作成を依頼する人も多いです。





What's New

2012/03/19
最新記事を更新。
2012/03/19
裁判所に行く。を更新。
2012/03/19
子供に関して。を更新。
2012/03/19
未成年の子供。を更新。
2012/03/19
書類についてを更新。
2012/03/19
離婚協議書を依頼するを更新。
2012/03/19
ホームページリニューアル

Recommend Entry